想い

想い

創業のきっかけは、ちょっとした友人との会話の中で生まれました。                                                                                       

今でも鮮明に覚えております。                                                                                            

友人は、奥さんと共働きで3歳になる子供がいたのですが、                                                                                       

「とにかく朝時間がない、そして何より時間がかかっているのが、保育園への子供の送迎である」                                                                                                    

毎朝駅から遠く離れた保育園へ子供を送りに行き、そこから駅へ向かい電車で出社している、と。                                                                                                    

みんなそうしている、それが当たり前だしどうしようもない、そんな面持ちでした。                                                                                           

会話の中で気づけば、働いているママとパパ、そして未来を担っている子供たちのために何かできないか、                                                                                                    

そんなことを考えておりました。                                                                                       

この課題を解決するために実現すべきサービスが、子供の送迎サービス「僕のバス」です。                                                                                                

また、ミッションとして                                                                                       

「“新たな時を創出すること、そして創出された時を圧倒的に充実させること”」                                                                                     

を掲げることとしました。                                                                                                    

なぜなら世界の人々に新たな時間を提供し、その時間を圧倒的に幸せにしたい、                                                                                                    

そして人々が活力パワーを養うことで全世界を元気にし合う、そんな社会の実現に少しでも貢献したい、                                                                                       

そう強く想ったからです。                                                                                                    

「ぼくのバス」を皮切りに、「欲しいものリスト」「ジモトクエスト」とローンチに向け                                                                                           

社員一同、全力で取り組んでいきます。                                                                                            

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。